韓国で暮らしてみる。
ゆるゆるはんぐく
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平壌冷麺と万景峰号の思い出
2013年 07月 15日 (月) 22:13 | 編集
それは7才の時。
朝鮮学校に通っていた私は、名古屋港に停泊中だった万景峰号の見学に行った。

乗り込む前に見た巨大な船体と、狭い船内の通路を歩きながら、
船員さんに機械室のような所を見せてもらった記憶がおぼろげにある。

そしてしっかり覚えているのが、船内の食堂で食べた冷麺のこと。

今では考えられないがその頃私は食が細く、石けん箱のような大きさの弁当を食べるのに昼休みだけでは足りなかった程だった。

そんな7才の私が、万景峰号で冷麺を2杯食べた。
3杯目をおかわりしようと言う所で、先生の声がした。

食事の時間は終わりだと言うのだ。
「やだー!もっと食べる!今おかわりするところなのに!」
これも今では考えられないが、大人しい優等生だった私は珍しく先生に駄々をこねた。

大人になって、友人にこの話をすると、
「在日コリアンを子供の内から洗脳しておいて取り込もうっていう北朝鮮の策略なんじゃない?
冷麺になんか中毒性のものが入ってたんじゃない?」と冗談を言われたが、
本当にもしかしたらそうかも知れないと少し思ってしまう程異常においしかった。

それから二十数年後、「万景峰号で食べた異常にうまい冷麺」と私は再会する。
それは乙支路3街の乙支麺屋(ウルチミョノク)。

20130618_을지면옥_가게3

漠然と「異常にうまかった」という記憶しか無かったのが、
乙支麺屋の冷麺を食べて、「あの時食べたのはこの味だ」と確信した。

刺激に慣れた韓国の若者が「水みたい」と見向きもしない薄い薄いスープ。
でも水なんかじゃない。
味が薄いからこそ、しっかり感じる肉の旨味。
この店はスープを凍らせないから、薄くても味がちゃんとわかるのだ。

そば粉で打った極細麺。
表面がざらざらで、スープがよく絡む。

20130618_을지면옥_음식

万景峰号で食べたその味だった。

店主は戦時中の北からの避難民。
客の大半はおじいさん達だ。

おじいさん達も北出身なのか、ただ冷麺が老人好みの味なのかはわからない。

店主やおじいさん達や、自分の子供時代に思いを馳せていると、
感慨深すぎて、味を噛み締めながらしか食べられない。
7才の時は、無心でずるずるすすった冷麺なのに。

思い出の味を味わいに来てるという意味では、
私もおじいさん達も同じだ。

思い出の味は、いつまで経っても色褪せない。





※画像は借り物です。画像中に出所記載。
スポンサーサイト
copyright (C) ゆるゆるはんぐく all rights reserved.
designed by polepole...
photo by U

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。