韓国で暮らしてみる。
ゆるゆるはんぐく
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本語には直訳できない病名
2012年 11月 05日 (月) 21:27 | 編集
それは몸살。(モムサル)


私の認識では、原因は疲れがたまることで、症状はだるさ、寒気、熱っぽさ。

この言葉がどういう意味かわからないという外国人も多いようだけど、
私は一発でわかった。

なぜなら、私の風邪の症状そのものだから。
私の風邪は、まずだるさ、とにもかくにもだるさ。
本当にベッドで寝てろって言われているかのようなだるさ。
次に少々の頭痛と頭の重さ、寒気、喉痛、鼻づまり。

だから薬局で몸살(モムサル)と一言言えば、事が済むのがとても便利。

今日もモムサルがひどくて、梨大駅6番出口前の薬局に行ったんだけど、
おっさんが優しくてほんわかした。

栄養ドリンクください。モムサルなんです。
と言ったら、

モムサルなら栄養剤じゃなくて、モムサルの薬飲まなきゃ〜
と言われて、
百治散という怪しい名前の漢方系の薬と、
普通の西洋薬のかぜ薬と、疲労回復カプセルを買った。

20121105210526.jpg


そしてサンファタン(風邪の時飲む漢方ドリンク)をサービスでくれた。

疲れが溜まったんだろうね。ちゃんと食事して、たくさん寝ないとだめですよ!
と言われて、もう50%くらい治った気分。


下宿に帰ったら、ご主人夫婦がいないようで、
いつもお掃除してくれてるおばさんが台所にいた。

薬局のおじさんの言うとおり、がんばってモリモリ食べていると、
できたてのほうれん草のナムルを、ちょっと食べる?って言って、
山ほどくれた。

でも良いゆで加減のほうれん草、ごま油とにんにくが効いた味付けが、
出来立てでおいしくて、ぺろっと食べた。

あんまり話したことないおばさんだけど、
美味しいです!って言ったら嬉しそうだった。

こういうのがあるから、やっぱり韓国やめられんわ〜



この国が嫌になったからじゃなく、
自分の気持ちが不安定な時、こんな精神状態のままいても仕方ないかなって
一瞬思う時がある。
でも帰らないのは、もし帰る時は笑って帰りたいから。
楽しかった!ありがとう!また遊びに来るね!って言って帰りたいから。
この国と、つらい気持ちの記憶をリンクさせたくないから。
だから、敢えてこの国で、自分の弱さを乗り越えたい。


にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
copyright (C) ゆるゆるはんぐく all rights reserved.
designed by polepole...
photo by U

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。