韓国で暮らしてみる。
ゆるゆるはんぐく
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イメをたずねて三千里
2012年 09月 02日 (日) 23:42 | 編集
6月に訪れた安東・河回村で、私は河回仮面劇に出会った。

村に到着した日の公演は雨だったため室内の稽古場で、
その後、ストーリーなどを復習、予習してから翌日は円形の公演場で、2回見た。

伝統芸能というイメージを覆す、ブラックジョークあり、社会風刺あり、エロあり、
笑いありのエンターテーメントショーだった。

11種類ある仮面とそれを付け役柄を演じる役者さんが皆芸達者で、本当に演技がうまくて
魅了されてしまう劇なんだけど、その中でひと際目を引いたのが、この方、

ime2.jpg
※写真 꿈꾸는 호수より転載。

イメという仮面。
私は勝手に親しみを込めて、イメちゃんと呼んでいる。

この仮面は学者の仮面(当時の特権階級)の使用人で、
純粋無垢ですこしおバカなキャラクター。

劇中では、客いじりをしたりともっぱらお笑い担当。
斜めに歪んだ独特の姿勢を、役者さんが本当にうまく表現していて、
仕草まで面白い。

些細なことはすべてどーでもよくなってしまうような、
満面の笑み。

すっかり好きになってしまって、
河回村にある、仮面の展示館でレプリカを見たけど、
イメも含めた河回仮面の、12世紀に作られた本物(国宝)が見たくなった。

村の展示館には、本物は国立博物館にあると案内があったので、
ソウルに帰って来てから、二村の国立博物館に行ってみた。

が、案内カウンターで聞くと、国立博物館には展示されていないとのこと。
景福宮の隣にある国立民俗博物館にあると言われ、
今日行ってみたけど、一回りしてみてもイメちゃんはいない!!

案内カウンターで聞くと、
なんと、なんと、前はあったけど改装により今は無いと!

今はどこにあるか聞くと、カウンターのお姉さんはネット検索してくれて、
ネットでわかる限りは、今は河回村の展示館にあるとのこと

追いかけっこかよ・・・
イメがまた河回に来いと誘っているとしか思えない・・

一度、河回村の展示館に電話して確認してみようと思う。
その時その担当者が知る範囲で、不確かなことを案内した可能性も非常にあるからなぁ。
もし河回村の展示館で、また「国立博物館にあります。」とでも言われようものなら、
もう担当の省庁に問い合わせのメールしちゃうぞ!

国宝なんだからもっと情報をちゃんとしてくれよ

イメちゃんがあの妙ちくりんな動きで、すたこらと逃げて行く様が見えた気がする。
待ってろよー絶対会いに行くからなー



にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
安東・中央新市場 ソンジクッパ オギャ食堂
2012年 09月 12日 (水) 23:58 | 編集
引き続き6月の安東旅行ことを。

安東市内に着いて最初の食事をした中央新市場にあるオギャ食堂。
IMG497.jpg




ソンジ(牛の血を固めた物)と牛肉がたっぷり入った慶尚道式クッパ
IMG492.jpg


辛い味付けの赤いスープが慶尚道式らしい。
食べてみた所、とても馴染みのある味。
あえて否定的な言い方をすると、私にとっては新鮮味が何もない味。
うちの母が作るスープととてもよく似た味だったから。
私の舌はつくづく慶尚道の味覚なのである。

決しておいしくなかったということではない。
とてもおいしい!

ソンジとお肉の量がとても多い。
辛くて、しっかりした濃いめの味。
これこそ얼큰하다って表現する味なんだろうな。

はふはふ言いながら一気に、それこそ「吸引」したらお腹いっぱい。

メニューはこれひとつなので、言葉がわからなくても大丈夫。
7000ウォン

IMG496.jpg
イラストのモデルと思しきハルモニもご健在でした。


옥야식당 オギャ食堂




おまけ

IMG498_20120912235442.jpg

同じ市場で、居眠り中の魚屋のお母さん。
奥でお父さんも寝てる。
お疲れさまです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ
にほんブログ村
copyright (C) ゆるゆるはんぐく all rights reserved.
designed by polepole...
photo by U

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。