韓国で暮らしてみる。
ゆるゆるはんぐく
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トガニタンと母の牛すじテロ
2012年 04月 18日 (水) 21:32 | 編集
日曜日の午後、家でテレビを見ていると、
急に目の前に現れた手によって、有無を言わさず口の中に何かをねじ込まれる。
すると!!・・・・おいしい

母はトガニタン(牛すじスープ)を作るとき、
いつもこうやって下茹でした牛すじに、ちょっと塩を付けたやつを、
私と弟の口に何も言わずにねじ込んでくるのだ。

そして味をしめた私は、牛すじテロリスト(母)がベランダで洗濯などに興じてる隙に、
アジト(台所)に忍び込み、放置された牛すじを更につまむ。

「あんたちょっとにしときなさいよー。汁の分が無くなるでしょうが!」

これが、私のトガニタンにまつわるノスタルジー。
でも、母はこれ今だにやってくる。

キムチを漬ける時も、ヤンニョムを絡ませたばっかのキムチを、
真っ赤っかの手でねじ込んできて、「どう?」と。
「うーん去年よりはいい出来なんじゃない?ちょっと塩辛いような気がするけど、
漬かってくうちになじむでしょ」と、キムチソムリエな私。

友人に「今年のキムチはうまいよ」と言いながらお裾分けした時、
「なんかその言い方、ボジョレーみたいだね」と言われた。
そうです、ボジョレーと同じくらい、毎年味が違うのだ!
白菜の水分量とかね、前と違うコチュカルを使ってみたりとかね、
今年はリンゴじゃなくて梨を入れてみましたとかね。


そんな風に、私は在日2世の母の韓国料理を食べながら育った。
母は食い道楽の祖父から、味を教えてもらったらしい。
祖父は「貧乏でも食事は豊かに。貧しい食事では心が貧しくなるから」と言って、
生活が苦しい中でも、おいしいものを食べさせてくれたらしい。

その教えは母から私へ、確実に引き継がれている。
その味覚と一緒に。

私の家庭は、在日の家庭の中でもどうやら韓国料理をよく食べる家らしい。
韓国に来てみて、特に今の下宿のおばさんの料理を毎日食べていて、
「これって韓国料理だったんだ!」って驚くことが多い。


先に上げたトガニタン、ポッサム、プゴクッ、ミョルチポックム、
オイムチム、カジネンチェ、ケランチム・・・

これらは私は韓国に興味を持つまで名前も知らなかったし、
韓国料理かどうかも曖昧なまま食べていた。
自分の家の食卓が、こんなに韓国に根付いたものだったなんて、
韓国に来ていなければ私は知らないままだった。

私は母方の祖父には会った事はないけれど、
その教えと味覚は確かに私の中にある。
歌を忘れても、言葉を忘れても、最後に残るもの。
味覚や食文化ってそういうものかもしれない。


話はトガニタンに戻り、
この間行った創業50年のトガニタン専門店「テソンチプ」
スクリーンショット(2012-04-18 21.18.30)

スクリーンショット(2012-04-18 21.18.06)
※写真を撮り忘れたのでお借りしましたよ。

きれいな白濁スープにすじ肉とねぎのみ。
味付けはされていないので、テーブルにある塩や胡椒で味をつける。
何の臭みもなく、上品な味。

専門店だけあって、お母さんのトガニタンとはまったく上品さが違うけど、
ニンニクたっぷりで、糸こんにゃくとか大根も入った、
ちょっとジャンクなお母さんのトガニタンが食べたくなった。

お店には、スユクもあった。もちろん牛スジのスユク。
お母さんの牛すじテロに遭うたびに、「スープにするよりそのまま塩つけて食べたい」
と、何十年も密かに思い続けていた私だけど、
そういう料理が実際に存在することを知って、やっぱりね!と納得した。

今度はテソンチプでスユクも食べたい。

にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
汁もの天国ソウル
2011年 05月 07日 (土) 22:59 | 編集
しあさってからソウルに2泊3日、部屋探しの旅に行ってきます!

楽しみなのはやっぱり食事なわけですが、
どうも思い浮かぶのが汁ものや麺類。

韓国料理はほんとに汁物が豊富。
ソルロンタンも食べたいし、カルグクスも食べたいし
チャンチククスもいいなぁ、スンデクッパも食べてみたいし、
弘大にある釜山の名物テジクッパのお店も行ってみたいなぁ、
プゴックももう一度食べたいなぁ・・・・

そしてプゴックといえばここ!
プゴグッチプ・ムギョドン・トジュッコル
pugokku.jpg

うちの母もプゴックはよく作ってくれるけど、全然違う。
やっぱりこういう料理は大量に仕込んだ方が当然おいしい。


メニューは1つだけなので、注文する必要はありません。
席につくと自動的にまずこのセットが出てきます。

白ごはん、水キムチ、あみえびの塩辛、ヤマザキ春のパン祭り張りの大きなお皿・・・

DSC00520_3.jpg

お皿にはこのステンレス容器の中に入ったお惣菜を取ります。

DSC00520_2.jpg
ほらこんな風に。

ニラの和えものと、キムチ、キュウリのお漬け物がはいってます。


そしてメインのスープ
DSC00521.jpg

この乳白色のスープ!
実は前日飲み過ぎて、数時間前にやっと何かを食べれる状態になった私の胃に染みたわー

淡白なスープなので、
アミエビの塩辛(セウジョ)をちょこっと入れてもおいしい。

スープに入れるためのそのままの塩辛と、
ネギと調味料で味付けした塩辛が両方あった。

味付けセウジョの方がんまーごはんによく合う!

韓国食材のお店でセウジョ買って来て作ってみても
同じ味にはならないもんなー

そんなセウジョでごはんを食べ過ぎても大丈夫!
おかわりできます!

でもスープも結構木綿チックなギュっとつまったお豆腐がたくさん入ってて、
干しタラも大きなのがごろごろ入ってるからお腹いっぱいになる。


朝ご飯や、お酒や激辛で疲れた胃にオススメ!

にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
トゥッペギチプ~例えるならあの老舗牛丼チェーンの簡潔さ~
2010年 11月 21日 (日) 00:55 | 編集
11月11日 今回の旅2日目 朝10時。
朝ご飯スンドゥブチゲを食べに行ったのはここ。
トゥッペギチプ。
tuppegi_20101120224113.jpg
※画像はYAHOO KOREAからお借りしました。

その庶民的な価格とおいしさから行列ができる店らしい。
それはそうと、見えますか。
看板の店名を示したハングル文字の上に、

「NEW MILLENNUM」
どうしてそこにその言葉を冠した?
2000年創業なのかね。
綴り間違ってるし。


肝心のスンドゥブは、
DSC00439.jpg
こんな感じで、ピビムパプの時みたいな器にモリモリ入ったごはんと一緒に出てくる。
お豆腐が柔らかで滑らかでおいしいし、スープも辛み甘み酸味のバランスのいい優しい味。

ご飯にかけてピビムパプにするもよし!
スプーンでごはんをすくってスープにひたして食べるもよし!

鍋の底には卵が隠れてて、それをちょっと崩してスープと一緒にごはんにかけると!
カァァーーーー!(韓国のおっさんおばはんお得意のフランス語のRより難しいあの発音)
たまらん。

それで、このコチュジャンのうまいこと!
こんなのは初めて食べた。
ケチャップみたいな濃厚な旨味と酸味と甘み。
これはいい材料を使ってうまく発酵、熟成させてあるんだろうな。

付け合わせはどんぐりやそば粉を豆腐のように固めたムッの和え物、
小松菜っぽい菜ものの辛い和え物と、ほうれん草っぽい菜ものの味噌和え。

それとお決まりの、青唐辛子~味噌を添えて~。
これ食わず嫌いの人には食べてほしい。
pukkochu_20101120233608.jpg
※参考画像(また別の店の画像です)

こうやって出て来る青唐辛子は全然辛くない!
その爽やかな風味を味わってほしい!
そうは言っても、たまにすっごい辛いの出して来る店もあるから、
最初のひと齧りは、大きくて柔らかいのを選んでちびっと噛んでみて!
(唐辛子は小さく硬いものほど辛い!)

あと、ここはお冷やではなくコーン茶だった。
私の中の勝手な基準で、コーン茶やヌルンジなんかを飲み物として出してる店は
こだわりの店!レベル高し!


常連らしきおじさんは、最初からチゲをごはんに全部ぶっかけてた。
私たちはその人を達人と呼ぶことにした。
ねこまんまがスタンダードな国、いいなー。

店内は平日の中途半端な時間帯にもかかわらず満席。
小さな店だけど、おばちゃん達がきびきび動いてて、
チームワークも導線もうまく出来上がってて気持ちがよかった。
小綺麗で簡潔ないい店だった。

席に座るか座らないかくらいで、「何にすんの?」とおばちゃんにせかされる。
食う!食ったら帰る!みたいな店。
それはあの牛丼チェーンのような雰囲気。
でも牛丼よりずっとお得であっつあつで、ソウルのこもった地元の味。

食べ終わって店の外に出ると、店先でおばちゃんが二人白菜を洗ってる。
韓国の元気によく働くおばちゃんが好きだ。

スンドゥブ3500ウォン 今のレートで250円くらいだよ!
この国は、ほんとに・・・。

ちなみに店名のトゥッペギとは、このチゲが入ってる焼き物の小さな鍋のことなんだって。
同じ店名のチゲ屋はけっこうあるみたい。
覚えておこう。トゥッペギチプはチゲ屋!




その後店のすぐ近くのクギルグァンてビルにあるチムジルパンへ。
たっぷり3時間満喫して脱衣所に戻ると、こんなものが・・・
sausage.jpg

全く訳がわからない!
フリーソーセージ?
明らかに誰かの食べさし。

たっぷり汗を流して小腹がすいてた私は、うっかり食べそうになる衝動を抑えるので必死だった。

manju.jpg
床にはまんじゅうの欠片が転がってるし!
全くこの国は!ゆるすぎる!大好き!




「トゥッペギチプ」

TEL 02-2265-5744
鐘路3街駅15番出口より約徒歩5分



にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
copyright (C) ゆるゆるはんぐく all rights reserved.
designed by polepole...
photo by U

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。