韓国で暮らしてみる。
ゆるゆるはんぐく
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イメをたずねて三千里
2012年 09月 02日 (日) 23:42 | 編集
6月に訪れた安東・河回村で、私は河回仮面劇に出会った。

村に到着した日の公演は雨だったため室内の稽古場で、
その後、ストーリーなどを復習、予習してから翌日は円形の公演場で、2回見た。

伝統芸能というイメージを覆す、ブラックジョークあり、社会風刺あり、エロあり、
笑いありのエンターテーメントショーだった。

11種類ある仮面とそれを付け役柄を演じる役者さんが皆芸達者で、本当に演技がうまくて
魅了されてしまう劇なんだけど、その中でひと際目を引いたのが、この方、

ime2.jpg
※写真 꿈꾸는 호수より転載。

イメという仮面。
私は勝手に親しみを込めて、イメちゃんと呼んでいる。

この仮面は学者の仮面(当時の特権階級)の使用人で、
純粋無垢ですこしおバカなキャラクター。

劇中では、客いじりをしたりともっぱらお笑い担当。
斜めに歪んだ独特の姿勢を、役者さんが本当にうまく表現していて、
仕草まで面白い。

些細なことはすべてどーでもよくなってしまうような、
満面の笑み。

すっかり好きになってしまって、
河回村にある、仮面の展示館でレプリカを見たけど、
イメも含めた河回仮面の、12世紀に作られた本物(国宝)が見たくなった。

村の展示館には、本物は国立博物館にあると案内があったので、
ソウルに帰って来てから、二村の国立博物館に行ってみた。

が、案内カウンターで聞くと、国立博物館には展示されていないとのこと。
景福宮の隣にある国立民俗博物館にあると言われ、
今日行ってみたけど、一回りしてみてもイメちゃんはいない!!

案内カウンターで聞くと、
なんと、なんと、前はあったけど改装により今は無いと!

今はどこにあるか聞くと、カウンターのお姉さんはネット検索してくれて、
ネットでわかる限りは、今は河回村の展示館にあるとのこと

追いかけっこかよ・・・
イメがまた河回に来いと誘っているとしか思えない・・

一度、河回村の展示館に電話して確認してみようと思う。
その時その担当者が知る範囲で、不確かなことを案内した可能性も非常にあるからなぁ。
もし河回村の展示館で、また「国立博物館にあります。」とでも言われようものなら、
もう担当の省庁に問い合わせのメールしちゃうぞ!

国宝なんだからもっと情報をちゃんとしてくれよ

イメちゃんがあの妙ちくりんな動きで、すたこらと逃げて行く様が見えた気がする。
待ってろよー絶対会いに行くからなー



にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
炭窯サウナでの出会い
2011年 09月 12日 (月) 22:46 | 編集
韓国ではシャワーしかない家がほとんど。
だからみんな週に1回くらい、銭湯やサウナに行くらしい。

私も週に1回はお湯に浸かることにしてる。
いつもは弘大の、ハッピーデイスパに行くけど、昨日は足を伸ばして、
前から行ってみたかったスプソッハンバンレンドゥ(森の中の韓方ランド)に行ってきた!

スクリーンショット(2011-09-10 22.22.42)
(写真はネイバー地図ストリートビューより)

ここは、「イラッとくる韓国語講座」で次長課長の河本さんが行った場所。
昔ながらの、レンガや土で作った竃を炭で暖めたサウナが楽しめる。

ただ入場料が、
pay_img.gif
ちょっと他のサウナよりも高い。
でもそれだけの価値はある!

上の写真の、バスの降車位置目の前の入り口を入ると、カウンターがある。
そこがどうやら建物の2階にあたるみたい。
1階がチムジルパンと休憩スペース、食堂、ネイルアート、売店で、
その奥から屋外に出ると、炭窯がある。
地下に女湯、3階に男湯。
4階には炭焼きサムギョプサルが食べられる屋上レストランがあるらしい。

ここの良い所は、他のチムジルパンと雰囲気が全然違うこと。
普通のチムジルパンは、行き場のない若いカップルがいちゃいちゃしたり、
夜遊び後の若者が睡眠を取るために行ったりするから、
なんかちょっと心休まる雰囲気じゃないんだけど、

ここは、家族連れ中心で、日本の健康ランドに雰囲気が近く、
私が行ったのは韓国のお盆の連休が始まる前日だったこともあって、
人も少なくて、すごい居心地がよかった。

若いカップルは一組もいなかった。
男女ペアといえば、中年カップルだった。

お風呂で軽く流して、早速炭窯に向かったけど、
なんか調整中らしく、煙がもうもうで一時退散。

落ち着くまで、休憩室で韓国サウナ名物、ゆで卵を食べて待つ。


やっと入れた炭窯は、当たり前だけど炭の匂いが充満してて、
最初ちょっと臭い。
でもすぐ慣れる。

炭の遠赤外線効果か、じんわり中から暖まる気がする。
普通のチムジルパンより、汗がいっぱい出た。
私は、サウナとかであんまり汗が出ない方なんだけど、ここはけっこう出たよ!


タオルを被って黙々と汗を出していると、
「チョヌン イルボンサラン イムニダ(私は日本人です)」と聞こえてきた。
いつもはこういう時は、韓国人のふりしてスルーするんだけど、
その日本人カップルと隣のおばちゃんが話し始めて、
言葉が通じずに行き詰まってたから、思わず「訳しましょうか?」としゃしゃりでちゃった^^;


韓国人のおばちゃん二人は、夫婦二組で旅行帰りに来たらしく、
日本人カップルは2泊3日の旅行中で、イラ韓を見て、このサウナに来たらしい。

1人のおばちゃんのダンナさんがすごい面白い人で、
歌を歌い出し、全員1曲づつ歌わないとサウナから出れないとか言い出す!

その場に居合わせた、アメリカ人・ポーランド人留学生と、他の韓国人のおばちゃんも巻き込んで、アカペラ大会が始まる

私はアリランを歌ってみた。
案の定、みんなが歌ってくれて恥ずかしさ半減。

その後、外の休憩所で炭で焼いた芋やら餅やらいただいて、
2夫婦のうちの一組のご夫婦が経営するチキンホプに、
その日本人カップルと一緒に行く事に!


塗装のため閉店中の、まだペンキの匂いのする店内で、
生ビールとソジュと、お母さんの作ってくれたククスをいただきました!

バイク好きのご主人と、日本人の男の子は、ご主人のバイクの写真を見ながら
少年のように大はしゃぎ。

その後、日本人カップルと私は、ホンデに繰り出し、
なぜか男女共に入場料が要らない穴場クラブ、500に行った。

日本人の女の子の方が、韓国人男子と二人で話したり、お酒奢ってもらったりし出して、
彼氏と一緒にハラハラ

その後飲み屋で少し飲んで、二人はタクシーでウルジロ4ガのホテルまで帰って行った。
その時朝4時


チキン屋のアボジ、オモニとも連絡先を交換して、今度はチキン食べに行く約束をした。
日本人カップルともメール交換して、韓国にハマった彼らはまた近いうちに来るって言うから、私の彼が韓国に来る時に、今度は4人での再会を約束した。

そのオープンマインドな日本人カップルがいなかったら、
こんな楽しい夜にならなかったし、
日本人カップルも、私がいなかったら意思疎通ができないから、こんな展開にはならなかったよと、お互いの出会いに感謝して、
その出会いが生んだ韓国人ご夫婦との縁にも感謝した。


こんなこともあるんだなぁ
もう一度、出会いに感謝!


にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ
にほんブログ村
copyright (C) ゆるゆるはんぐく all rights reserved.
designed by polepole...
photo by U

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。