韓国で暮らしてみる。
ゆるゆるはんぐく
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
安東・中央新市場 ソンジクッパ オギャ食堂
2012年 09月 12日 (水) 23:58 | 編集
引き続き6月の安東旅行ことを。

安東市内に着いて最初の食事をした中央新市場にあるオギャ食堂。
IMG497.jpg




ソンジ(牛の血を固めた物)と牛肉がたっぷり入った慶尚道式クッパ
IMG492.jpg


辛い味付けの赤いスープが慶尚道式らしい。
食べてみた所、とても馴染みのある味。
あえて否定的な言い方をすると、私にとっては新鮮味が何もない味。
うちの母が作るスープととてもよく似た味だったから。
私の舌はつくづく慶尚道の味覚なのである。

決しておいしくなかったということではない。
とてもおいしい!

ソンジとお肉の量がとても多い。
辛くて、しっかりした濃いめの味。
これこそ얼큰하다って表現する味なんだろうな。

はふはふ言いながら一気に、それこそ「吸引」したらお腹いっぱい。

メニューはこれひとつなので、言葉がわからなくても大丈夫。
7000ウォン

IMG496.jpg
イラストのモデルと思しきハルモニもご健在でした。


옥야식당 オギャ食堂




おまけ

IMG498_20120912235442.jpg

同じ市場で、居眠り中の魚屋のお母さん。
奥でお父さんも寝てる。
お疲れさまです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
ソウルから来ました。
2012年 08月 31日 (金) 01:07 | 編集
韓国で地方に遊びに行って、「どこから来たの?」って地元の人に聞かれると、
一瞬考える。


でもやっぱりこう答える。

「ソウルから来ました。」



おばあさん「若いお二人さんの家はどこかね」
  私  「ソ、ソウルから来ました」
おばあさん「あぁソウルから。そこ座って見物していきなさい」


安東の道端でユンノリ(すごろくみたいな遊び)をするおばあさん達。
真ん中のおばあさんは、同じ年頃の孫がいるっていう理由で、
私達に親しげに声をかけてくれたという。


おばあさんはサイを投げながら言う。
人の暮らしはどこも変わらないと。

私の好きな韓国のバンドの曲にこんな歌詞がある。
“都市でだけ暮らすのは、若さがもったいない。”

ソウル・ホンデのライブハウスで、ソウルに住む若い女の子達は
この曲のこの部分をみんなで叫ぶ。

ソウル首都圏には韓国の半分の人口が集中しているらしい。
もしかすると、ソウル以外ののんびりとした街で、
このおばあさん達のように暮らしている方が贅沢なのかも知れない。




にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ
にほんブログ村
韓国のおじさん
2011年 04月 15日 (金) 00:29 | 編集
11月にソウルに1週間滞在した時のこと、
仁寺洞の旅館に泊まったんだけど、
毎日宿に戻る前に寄ったメインストリート沿いのセブンイレブン。



日付が変わる頃、翌朝のヨーグルトやなんかを物色していると、
気持ちよさげなほろ酔いのオジサンが5~6人。
オジサン達のカゴを見ると、アサヒのスーパードライロング缶がいっぱい。



わいわい楽しげなオジサン達は、なにやらこれから家かホテルで飲むらしい。
その中の一人が突然言い出した。



「おい明日の朝の牛乳いる人ー!朝飲むだろ?牛乳。」


中学生かい!




また別の日、友人が体調を崩したので一人でお風呂屋さんに言った帰り道、
タプコル公園の前の交差点で信号待ちをしていると、
先にいたサラリーマン風のおじさんが歌い出した


「パッスチョォ~・・・」(2NE1の「clap your hands」トロット風)



歌ってる途中で私と目が合い、フェードアウト。
おじさんも2NE1歌うんだ!


さすがおじさんの聖地と言われる鐘路。
ほろ酔いのおじさん模様が見られる街でした。


にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
copyright (C) ゆるゆるはんぐく all rights reserved.
designed by polepole...
photo by U

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。