韓国で暮らしてみる。
ゆるゆるはんぐく
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国の公共プールの秘密
2012年 05月 23日 (水) 19:27 | 編集
また私は、日韓の大いなる違いを知ってしまった・・・。

それは公共の室内プールでのこと。
韓国に来てから、順調に右肩上がりを続ける体重を何とかしようと、
私はそこへ行った。

まず、第一の関門は、
日本の公共室内プールのように、いつでも泳げる訳じゃないということ。
家の近くの3つの室内プールを調べてみたけど、どこも自由に利用できる時間は、
日曜日だけだったり、水泳教室の合間の数時間だけだったり、とても少ない。

その中で、唯一非会員が平日に自由水泳ができる、マポアートセンターに行ってきた。

平日の自由水泳時間は、8:00~8:50と12:00~12:50、21:00~21:50の3回のみ。
開始20分前に入場できる。
非会員は受付で、入場料3000ウォンを支払い身分証を預けると、ロッカーの鍵がもらえる。

更衣室に入ると、驚いたことに裸でうろうろする人たち。まるで銭湯!
銭湯と全く同じロッカーに、更衣室とプールの間にはシャワールーム。

シャワールームは韓国の銭湯の、立ってシャワーするコーナーがたくさんある状態。
もちろん1人ずつの仕切りなんてものはない。

日本のプールの更衣室には、カーテンで仕切られた試着室のようなスペースがあるのが普通だけど、
今日行ったプールには無かった。

日本のプールの更衣室ですっぽんぽんになってるのは、
赤子くらいなもんだけど、ここでは全員オールヌード!

確かにあの試着室のようなスペースはなくてもいいっちゃいいんだけどね。
大きいレジャープールとか、あの着替えスペースの前に列ができたりするし。


そしてもう一つ大きく違うのが、みんなプールに入る前と後に、
シャンプー、石けんでしっかり洗うこと!

なので、プールに入るまでの流れを整理すると、
更衣室に入る→ロッカーに荷物を入れる→裸になる→水着とお風呂道具を持ってシャワールームへ
→頭と体を洗う→その場で水着を着る→お風呂道具をプールに行く手前の持ち物置き場に置く
→いざプールへ
という感じ。

プールから上がったら、またシャワールームへ直行してまず水着を脱いで、
髪と体を洗う。

日本のプールのシャワールームではシャンプー禁止。
プールの後、髪をそのままにするとギッシギシになるから、
プール後にシャンプーできるのはすごく有り難い。

そして、ここも銭湯同様、アジュンマの巣窟だった。
ド派手な水着でゆっくり泳ぎ、サウナでも更衣室でも、アジュンマサミットが絶賛開催中だった。

更衣室で身支度していると、アクアビクス教室が始まったのか、
ノリのいいトロットがかかり、「フーフー!」という歓声が聞こえてきた。
アジュンマ大暴れの図を想像しながら、更衣室を後にした。

隣の国なのに、こうまで違うか!というくらい違ったプールの更衣室。
本当に、今まで感じた、気付いた違いの中で、一番違ってるかも知れない。
合理的でオープンな国民性のためだろうか。


にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
日常の中の日韓・食文化の違い
2012年 01月 21日 (土) 23:29 | 編集
とある日の夕飯にチムタクを食べに行った時のこと。
13120118094e33b621b650b.jpg
(↑ユートラベルノートより画像をお借りしました。)




日本人のお茶碗
DSC01281.jpg


韓国人のお茶碗
DSC01280_20120121225259.jpg


その差は歴然



決して韓国人の食べ方が汚いという訳ではない。
日本は口内調味っていう食文化で、味の濃いおかずと一緒に白いごはんを食べて、
口の中で味を調整する

韓国人は、混ぜる文化があるから↑みたいなことになるw


チムタクは醤油からい料理で、
そういう味の濃いものを食べてると、日本で育った人間なら
白ごはんをかっこみたくなるよね。

韓国人はごはんと混ぜたくなるらしいw


どこかで聞いたことあるそのまんまのことが
目の前で起こって面白かった!


ポンチュチムタクは、しめに残ったタレに混ぜて食べるための、
ヌルンジ(おこげごはん)がメニューにあるんだけど、
私はこの味は白ごはんが欲しくなるなぁ。
でもおこげもうまい!


にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ
にほんブログ村
3週間が経ちました!
2011年 08月 25日 (木) 00:01 | 編集
ソウルに来てから3週間、
初っぱなから風邪でダウンでどうなることかと思ったけど、
(その時のドキュメントはこちら 悪夢の二日間![1] 悪夢の二日間![2]完結編

3週間の間に、住む所を探して落ち着き、入管に行って身分証を作り、
口座を開設し(た当日に無くして停止の電話かけたら、1件不正利用されてた話はまた別の機会にw)、
携帯を契約し、学校のクラス分けテストを受け、アルバイトにありついた。

友達も少しできた。

コシウォンのオーナーにも気に入られて、
語学ルームのトウミとオーナーへ日本語を教えることで、
バイト代として家賃をかなり割り引いてもらってる。

コシウォンのスタッフ2人や同じく住人で語学ルームのトウミの人もいい人で、
昨日同じオーナーが運営する1Fのコインランドリーのガラス戸が強風で割れて、
偶然その場に居合わせた私も含め、みんなで夜中に掃除したり、

良好な人間関係が少しずつできていってる感じがする。

ここまで、きわめて順調です!


明日から、フルタイムでバイト先の研修が3日連続である。
9月からは学校も始まるし、
ここからが本当のスタートって感じかな。

いよいよスタートです!


にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ
にほんブログ村
copyright (C) ゆるゆるはんぐく all rights reserved.
designed by polepole...
photo by U

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。