韓国で暮らしてみる。
ゆるゆるはんぐく
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
在日3世のワーホリ準備[7]退去完了!
2011年 08月 01日 (月) 11:57 | 編集
7月27日に無事、退職!

たくさんの人が声をかけに来てくれて、感動した。
みんな、いつも不機嫌な上司だったけど、今まで支えてくれて甘えさせてくれて、
頼ってくれてありがとう。

そんな感傷に浸っている余裕もなく、28日から2日酔いの体を引きずって早速引っ越し作業追い込み!

母が手伝いに来てくれて、私の3倍くらいのスピードでがっさがっさと片付けてくれたおかげで、
2日目にはもうほとんど終わってた。

母のスピードが早すぎて、私は付いて行くに必死で完全に思考停止状態だった^^;

3日間、蚊に刺され放題、日焼けし放題ですっぴんで汗だくで頑張ったよ!
1.2畳のトランクルームに、収納したかったものは大体収まった!

そうして憂鬱な片付けも終わり、管理会社の立ち会いも済み、
昨日は夜久しぶりに出かけた。

今日明日も遊びに行ってくる。
すっかり夏休み気分♪

4日が出発です。
ソウルの雨が少し心配だけど、やっとこさ出発!
それまでのんびり過ごします。



にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
在日3世のワーホリ準備[6]荷物の整理・保管
2011年 07月 10日 (日) 11:32 | 編集
着実に部屋が大変な状態になっていってる
まるでゴミ捨て場。
片付いていっているのかどうか、現時点ではよくわかりません!
あさって粗大ゴミの回収なので、それが済めばもう少し実感も沸くかな。

荷物を整理していると、突き詰めるとそのほとんどが不要品だっていうことに気づく。
5年前に2週間免許合宿行った時に既にそれに気づいてたけど、
日々生活に必要なものって実はそんなに無いんだよね。

さて、その荷物達の行き先が決まりました。
母がトランクルームを借りてくれると言うからありがたく甘えた。

家から車で10分くらいの所にあるコンテナ倉庫です。
新しくてコンテナ内も、きれいにうち張りしてあって通気口もあるし、
思ってたよりはコンテナも環境は悪くなさそう。

たしかに前述のキュラーズのような、室内型の倉庫と比べると雲泥の差だろうけど、
自分のお金ではないので何とも言えません^^;

ちなみに月の賃貸料は4680円です。

保管スペースが確保できたとなると、多少片付けのプレッシャーも減った。
洗濯機は友人に譲ったんだけど、こないだ汗だくになりながら二人で運んだ。
身長150cm台の女二人で2回まで洗濯機を運ぶっていう苦行だった。


ここまで来ると、もう手続きとかのやることは特に無くなってくる。
ひたすら退去に向けた家の整理と、荷造りと、後はソウルへ着いて数日間のゲストハウスの手配だけ。


あとは退職に向け、引き継ぎとかバラ撒き菓子の手配とかだね。
でも引き継ぎの人はまだ私のチームによこしてもらえない。
でも退職に向けて作るように言われた資料とかマニュアルとかはもうほとんど作り終えたし、
もう仕事に関しても山は過ぎたね。


あとは菓子バラ撒いて、送別会に参加させてもらって、大勢の前で退職の挨拶したらおしまい。
仕事自体は向いていたけど、会社自体は合わなかった。
そんな7年半だった。


にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
在日3世のワーホリ準備[5]郵便局から海外送金とその後
2011年 06月 24日 (金) 17:58 | 編集
室温32℃の部屋で今この記事を書いています。
去年の夏の終わりに扇風機が壊れて捨てたのをすっかり忘れてた。
タワレコでもらってきたSHINeeうちわと、江戸風鈴だけであと1ヶ月乗り切れるか!
いっそのこと閉め切って岩盤浴だと思えばいいのかな
さっき公共料金とかの解約とか、事務的なことしてた2時間の間だけクーラーつけた。

さて、6月9日に西江大語学教育院の授業料を振込にいった話。

家から一番近い小さな郵便局に言って、きょろきょろしてると、
局員のおっさんが「何かお探しですか?」と声をかけてくれたので
「海外送金したいんですけど」と言った。

その瞬間おっさんの顔が曇った。
「えぇ、あー海外送金ね、30分くらいかかりますけどいいですか?
今ちょっと保険とかの時間がかかることしてるから」
(意訳:めんどくさいから本局行けよ)

諦めて少し遠くにある本局に向かった。
他のブログでも、小さい局だとできないって言われたっていうの見たけど、
やんわり断ったこの局は、ゆうちょ銀行のサイトに海外送金可ってばっちり書いてあったもんね。

どうにかならんのか。ゆうちょのこの体質。
民営化して対応がよくなったといえど、未だにありえない対応をされる時がある。

本局の方へ行くと、案内係の人がいて海外送金の旨伝えると、
ファイルに用紙と、きれいにラミネートされた用紙の記入見本がセットされたものを渡された。

記入欄が足りなくなってしまったり、ドルで記入しないといけなくてその金額を計算してもらったり、
親切でした。

実際処理をしてくれた窓口の「研修中」の名札を付けた女の子と、
お互いあたふたしながら無事入金終了。

手数料2500円でした。
色々方法があるようですが、手間と手数料の兼ね合いを見てゆうちょが一番手軽でいいかなーと思う。

6月15日に、「受領証と入学許可証送ったから、届いたらメールしてね」
っていう内容の英語のメールが来た。

ちなみにまだ届いていない。
普通の国際郵便の書留だとこんなもんか。

そして6月17日には、クラス分けテストの予定を決めてくださいっていうメールがきた。
英語で。
英語わからんてばー。

翻訳機を使い内容を理解して、返信は韓国語で。
指定した日時はもう先約がいて、その次の回にしてもらった。

タイムテーブルを見る限りでは、20分づつ面接して、
必要な人は読み書きをちょっとしてみたりもするらしい。

無事、クラス分けテストの日程も決まって、
今日は退去や公共料金の解約の申込をした。


私は今1人暮らしで、実家の方も引越していて私の荷物なんて置くスペースはないから、
荷物の処分や保管がネック。

要らない家具や家電は、売ったり人に上げたり、行き先を割り振り中。
どうしても捨てられないアルバムや、CDや本、子供のスケッチブックやなんかは、
キュラーズ(http://www.quraz.com/)の一番小さいボックスに預けようかと。

もったいないけど、持って行く訳にいかないからしょうがないよなー。

こうやってあらためて考えると、お金出してまで保管しておきたいものなんて
ほんとにちょっとしかなくて、いかに不要品に囲まれて生活していたのか思い知る。
もうちょっとコンパクトに生きたい。



にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
copyright (C) ゆるゆるはんぐく all rights reserved.
designed by polepole...
photo by U

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。