韓国で暮らしてみる。
ゆるゆるはんぐく
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
刺身を食べにノリャンジン水産市場へ
2011年 01月 20日 (木) 13:08 | 編集
鳥のいるカフェで過ごした後、Yの友人の韓国人のSと落ち合う。
私は初対面。

英語が堪能なY(日本人)とS(韓国人)2人は英語で、
私とYは日本語で、
私とSは韓国語で、
という複雑なコミュニケーションがスタート。

事前にノリャンジンに行きたいとYがSに伝えていたんだけど、
「そんなのスペシャルじゃない」とかなんとかで、
会う前までは勝手にサムギョプサル食いに行くぞ!って話になってた。

しかしSにゆくゆく聞いてみると、ノープランらしくw
結局希望通りノリャンジンに行く事に!

実はソウル在住ではないSは、ソウルのことをそんなによく知らないらしい。
3人で満員の地下鉄に乗り、鐘路3街からノリャンジンを目指す。

10分くらいでノリャンジンに到着。
駅からは歩道橋が市場に直結してるので、迷わず行ける。

DSC00502.jpg


そして市場の中に入り階段を下ったその先には
DSC00503.jpg

ドーンと市場が広がっていました!
テンションあがったなー!この光景!!!

色んな人のブログ見ても、みんな同じ写真を撮っているようでw
たぶん同じこと感じたんだろうな。
最初に見える光景がこれ↑なんだもの!

DSC00504.jpg

そんな市場を歩きつつ、食材を物色

DSC00505.jpg
こんなかわいいタコ
5匹で10000ウォン

店の人の呼び込みが激しくて疲れて来て、どこも同じ値段みたいだったので
適当に店を決め、ヒラメとホヤとエビとハマグリを購入!

DSC00506.jpg

そしたらおじさんがものすごい早業でパパっと刺身に下ろしてくれてですね、
食材たちは食堂に運ばれていく。

食材のお金を払い、食堂に行くともうすごい人
みんな酔っぱらい。
会社帰りのサラリーマン、女子会、カップル。

そんな中真っ白なひらめのお造りが運ばれてきました
DSC_5312.jpg

そしてエビは普通塩焼きにするらしいんだけど、無理言って辛炒めにしてもらいました!
中華料理っぽいな。
DSC00507.jpg

店のおばちゃんも「エビをこんな風にしたのは初めてだ」って言ってた。
ちょっと韓国っぽい味付けにしてほしかったんだ。


下ろしたばっかのヒラメは歯ごたえがよくおいしかった!
Yは刺身をえごまの葉で包んだり、韓国風に食べたのが初めてだったらしいんだけど感激してた。

ひらめのアラで作ったヘムルタンが運ばれて来て、
食べきれなかったハマグリとエビを私たちが鍋に入れ出すとSに止められた。
普通はこんな風に食べない!ハマグリはいいけどエビはやめてくれ!と

鍋にはなんでも入れちゃえー!って入れちゃうもんじゃない?
日本では鍋物は比較的なんでもありだと伝えるけど、
韓国でも何でも入れるけど、そういう問題じゃないらしいw


市場で働く人たちの活気と、市場のキオスクみたいな売店で休憩する人たちのゆるさと、
そういう韓国っぽい感じ感じが味わえる楽しい所でした。

ソジュを軽く飲んで、ほろ酔いで2軒目に向かう3人なのでした。
つづく
スポンサーサイト
copyright (C) ゆるゆるはんぐく all rights reserved.
designed by polepole...
photo by U

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。